しばし私的思い出トーク



四人兄弟・末っ子のぼくは、



子どものころ何をするのもどんくさく、



上の兄・姉からはえげつない大阪弁で常に、



今でいう「ディスられて」生きておりました



今思えば、それも愛なんですね知らんけど笑。



そんなとき、常にどっしりと構えていたのが



父親です



一日中工業用のミシンを動かして働き、



夜はテレビの洋画劇場見ながら、



酔ってギター抱えて、田端義夫(バタヤン)の



モノマネしてくれる、



酒臭い吐息とチクチクする無精髭



大きな背中、たくましい身体



ぼくが20代でまだ大阪にいたある夜、



なんかカッコつけたくて、



風呂場で親父の背中を流してあげたことがあります



その時に、あれだけ大きいと思っていたその背中が



びっくりするくらい縮んで見えて、



泣きそうになった記憶があります



父と喧嘩ばっかりしてた上の姉がお嫁に行った時、



式場では気丈に男気で振る舞い、



しかし自宅でひとり、がっくりと肩を落としていた姿




「なんで一生懸命育ててきたのに、



わけのわからん男に盗られるんや・・・」



そんなことを呟いたかどうかは思い出せませんが、



父の背中はそう叫んでいました



父はまるでぼくが理想とする男性像には程遠い、



でも、その遺伝子を受け継いだぼくである限り、



父であること、男であること、生きることの辛さ、



哀しさ、喜び(阪神が勝てばどれほど機嫌が良かったか)、



ぜんぶ、伝わります。



しかも同じ B型なので、細かいことを思い出すと



おれも親父の子どもなんやな〜と思ったり



もうすぐお迎えが来るかもと、



姉から連絡があり、



元気なうちに顔見せろということで



2年ぶり?3年ぶり?大阪に戻るかもしれません



ひょっとして営業時間変わるかも(代わりのスタッフが



都合つかなければ)です、皆様にはごめんなさい。



とりあえず、いつものように江古田オープンです〜!




ワイン〜

20211115_131622





デリ〜


no title




クラフトビアは売り切れ〜ゆるせ〜








❤️





今週のもりた



→江古田→大塚→中野→休→中野→大久保


20211115_145944